パパ活,弁護士,テクニック

パパ活で弁護士を虜にする会話テクニックは?

弁護士

 

変な言葉遣いやパパ活中アピールは厳禁!!

 

パパ活をされている方で、弁護士がいいな医者がいいなとか、ハイスペックを希望されている方が多いと思いますが、
今回は弁護士を虜にする方法と言いますか、アドバイスを書きますので参考にされて下さい。

 

まず、ハイスペックな方に出会う機会がなかなか無いと思いますが、出会った場合はチャンスですよね。

 

なので、初めに出会った時に相手が弁護士と分かっている場合は、
とにかく相手は文系の最高峰なので言葉使いに注意しなければなりません。

 

また、パパ活中とアピールするのではなく、まずは、お付き合いする事を目指して下さい。

 

 

イメージとしては中学生の頃の恋愛!?

 

弁護士になると、急にモテますので、女性の扱いに慣れている方も、いらっしゃいますが、大抵は素人です。

 

学生の時から勉強しかしていないことが多いので、丁寧かつ誠実に対応することが良いです。

 

また、男を扱うのに経験豊富な方と思われたら、すぐ引いてしまいます。
なので、今までの経験を生かして、中学生の頃の恋愛感で望むのが良いテクニックとなります。

 

純粋で誠実な女性を演じて、中学校の頃の恋愛をイメージして声を掛けましょう。
また、基本的に連絡先は相手が聞くのを待ちましょう。

 

しかし、もう会えないかもしれない時は「話が楽しかったので、また話したいです」など聞いてくれるような事を言いましょう。

 

これだけで気が有ることが伝わりますので後は楽かと思います。